日本リハビリテーション医学会研修施設・日本老年医学会認定施設山口リハビリテーション病院
  • リハビリセンタートップ
  • 運動療法・物理療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚療法
  • 小児リハビリテーション

PTのご案内ページ

理学療法

理学療法とは、病気やケガで身体に障害のある方に対して、おもに日常生活に必要な基本的な動作能力の回復を図るために、治療体操やその他の運動を行ない、電気刺激やマッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいいます。

 

理学療法士(Physical Therapist)は、医学や運動治療学を基礎とした運動療法、温熱療法や電気療法、水治療法など物理的な刺激による物理療法などを治療に応用します。このほか、退院後の住環境の改善や、訪問リハビリテーションも理学療法士の仕事です。

 

理学療法士スタッフ配置人数

配置人数詳細

理学療法スペース

理学療法の様子

広々としたスペースでリハビリテーション治療に集中して取り組むことができます。

運動療法

基本動作はもちろんですが、早朝からの病棟での歩行練習や実生活に必要な応用歩行練習も積極的に行います。当院は脳卒中の患者様が多いため、麻痺に対しての機能的な訓練も積極的に行っております。

マイオチューニングアプローチ

筋肉を調整して、痛みや運動麻痺を改善させる徒手療法です。年に4回講習会を開催しております。当院には、日本マイオチューニングアプローチ研究会認定のインストラクターが5名います。運動療法の一つとして、痛みの治療や麻痺筋の機能回復を目的として積極的に行っております。

物理療法

電気療法・温熱療法・水治療法・超音波療法・低周波治療機・レーザーを設置しています。

PASシステム

PASシステム写真

人間の筋肉は、活動する際に微弱な電気が発生します。脳梗塞や脳出血で脳に障害を受けると、電気信号を伝える神経も障害されます。そのため、筋肉へ伝わる電気信号が弱くなり、動かしたい筋肉が動きにくい、動かないといった麻痺になります。

PASシステムは電気信号をオート制御で出力できる先進のトレーニングシステムです。脳からの指令で弱くなった筋肉へ伝わる電気信号を的確にキャッチして、麻痺のある筋肉に最も適した電気刺激を伝えて筋肉を動かします。これを繰り返し行うことで、麻痺している筋肉が動かしやすくなり、麻痺の改善の可能性が期待されます。 当院ではPASシステムを導入して麻痺筋の機能回復トレーニングを行っております。

PASシステムを用いた上肢の訓練・下肢の訓練の様子

スーパーテクトロン

スーパーテクトロン機械写真

テクトロン独自のランダムアクセス波(高位広帯域多重複合波)とは、出力周波数・パルス幅・振幅などがランダムに変化する、発振方法で特許を取得した波形です。(特許第2513361号)

ランダムアクセス波は、疼痛治療に効果的です。筋の収縮作用に優れているので、筋麻痺時の運動療法に期待できます。出力モードを変えることで、痛みの治療や、マッサージ効果、ダイエットなどにも効果が期待できます。

微弱電流治療器ソーマダイン

ソーマダイン写真

人体の組織(筋肉・骨格・神経・皮ふ・内臓など)にもそれらが持つ特有の波長があります。痛みや腫れなどの症状は、この部位の波長が狂った状態。

ソーマダイン治療は、この波長を正常化し組織の修復を促進する最新の治療法です。組織が修復される時に出される微弱電流を人工的に作り出すことで、人体の自然治癒力を効果的に引き出していきます。
骨折、捻挫、打撲、痛み、不眠、しびれ、手足の冷え、むくみなど様々な症状に効果が期待できます。

 

高電位治療器ハッピーライフ

ハッピーライフ写真

高電位療法はその言葉の意味するように、地球表面の電位(零電位)に対して所定の電位(9000ボルト~15000ボルト)を生体にかける医療機器を使用した物理療法のひとつです。

高圧の交流電界によって作り出された電界の中に身体を置くことで健康の増進や病気の治療に大変効果があります。

 

私たちの身体には最適な状態にバランスを保とうとする力(生体恒常性)が働いていますが、ハッピーライフはこの生体恒常性をさらに高める医療機器です。この作用を最大限に活用し、生体本来の持つ自然治癒力を高め、部分的な痛みなどの緩和にとどまらず、不定愁訴の緩和や自律神経の調整など全身的な治療を新しい発想で治療を行おうとするものです。

 

半導体レーザー治療器

半導体レーザー治療器写真

レーザー光のエネルギーにより組織の切開・焼灼を行う高出力レーザー(レーザーメス)と異なり、低出力レーザー治療は生体に熱作用を与えないレベルのレーザー光を照射することで、レーザーの光作用を利用して血行を改善したり、痛みを和らげる治療法です。

 

痛みを伴わない、非侵襲な治療法として注目されています。

 

 

 

低出力の半導体レーザーには「筋肉・関節の慢性非感染性の炎症による疼痛を緩解」する効果があります。臨床的には、

関節痛、打撲、捻挫、リウマチ

筋性頭痛、三叉神経痛、後頭神経痛

肩こり、五十肩、背痛、腰痛

などの痛みに応用されています。 その作用機序については未だ不明な点が多いものの光としての作用が生体を正常な状態に戻すことにより痛みを緩解すると考えられています。

 

訪問リハビリテーションのご案内

ご家庭で療養されており、主治医が訪問リハビリを必要と認めた方で、利用者さまの状況に応じて、介護保険または医療保険で対応いたします。介護保険と医療保険では、料金や訪問回数が異なります。詳しくはご相談ください。

訪問リハビリテーションのご案内

 

【対象】

◎山口市内在住の方

◎営業日:月曜日~金曜日(土・日・祝・お盆・年末年始は休業)

◎実施時間:午前8:30~午後5:30

 

【訪問者】

理学療法士2名

 

【注意事項】

訪問リハビリを利用するには、1ヶ月に1回主治医の処方が必要となります。

訪問リハビリには介護保険適用によるものと医療保険適用によるものの2種類があります。

訪問看護からの訪問リハビリでなく、病院からリハビリスタッフが訪問を行うサービスです。

 

その他の取り組み

PT勉強会の様子

【PT勉強会】

隔週で開催。研修会や講演会の伝達を行い、知識の共有や技術の向上に努めています。また、外部講師を招いての講習会も行っています。

講習会・勉強会の詳細はこちら

PTページトップへ

医療法人和同会山口リハビリテーション病院

山口リハビリテーション病院は、リハビリテーション医療を提供する専門病院です。機能回復や機能維持だけでなく、障害があっても普通の生活の実現をめざしていただけるように、平成16年3月回復期リハビリテーション病棟を開設しました。

〒753-0851山口県山口市黒川3380【Tel】083-921-1616【Fax】083-925-2550診療時間:月~金曜日 9:00~12:00 休診日:土・日・祝